ピロ式お役立ち・スイーツ情報

コンビニスイーツ・外食などの食レポ、行事食まとめ等、食べ物を中心に何でも書きます!

みかんを食べると風邪予防になる?栄養・効果効能・白い筋等まとめ

time 2016/12/02

みかんを食べると風邪予防になる?栄養・効果効能・白い筋等まとめ

冬の時期のこたつとお供と言えば「みかん」

ついつい2個3個と食べ過ぎてしまいますよねw

みかんの栄養・効果効能等まとめました。

sponsored link

みかんに含まれる栄養成分

みかんの実

ビタミンC

免疫力をアップする効果があります。

風邪の予防や風邪をひいてしまった後の細胞の修復に効果が有ります。

クエン酸

ダイエット効果、便秘の解消、疲労回復効果が有ります。

みかんの白い筋

ペクチン

水溶性食物繊維の一種。

コレステロール値を下げる効果が有ります。

ヘスペリジン

血圧が上がるのを防いだり、毛細血管を強化にする効果が有ります。

みかんの糖質

標準的なサイズだとみかん1つで糖質は10g

成人男性が一日に必要な糖質量は250g、女性は200gです。

そのため一日に5個とか食べると、一日の目安の1/5~1/4を摂取する事になります。

食べすぎには十分注意しましょう。

みかんの白い筋は食べたほうが良い?

コレステロール値を下げる効果が有る「ペクチン」と、毛細血管を強化にする効果が有る「ヘスペリジン」は白い筋に多く含まれます。

食べやすい部分ではないので、「マーマレード」等にして食べるのが良いですかね。

みかんのジュースや缶詰の栄養素は?

生のみかんをジュースにした場合は、栄養素はほぼ失いません。

缶詰の場合は加熱処理をするのでビタミンCは多少失われますが、「空気を真空状態で遮断し110~120℃の高温で殺菌」するので20%程度の損失で済みます。

ジュースや缶詰でも風邪予防の効果が期待できます。

まとめ

みかんは栄養成分たっぷりの優れた果物ですね。

冬のお供にはみかんが良いですね^^※食べ過ぎは注意

sponsored link

«
»
カテゴリ:未分類   タグ:

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)